スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住み込みで働くという事

皆さま、こんにちは~!
久しぶりの連投です、寒いですね、本当に。

ちょっと雨が降っています、銀子地方です。




今朝、私の母から聞いた話です。

うちの母はとても貧乏だったのです。
なぜ貧乏かというと、母の父(私の祖父)があまり働かなかったからですね~
定吉っていう爺さんなんですがね。
でも母は子どもの頃にパーマをかけ、その爺さんは革靴を履いた粋な人だったのですよ。

また定吉爺さんのことも書いてみたいと思いますが、
今日は母の話です。

母は貧乏だったので、中学校を卒業すると
すぐ勤めに出たのですが、
始めに「産婦人科病院での住み込み」だったそうです。

下っ端の母は、お風呂が一番最後だったのです。
暗い廊下(かどうかは聞いてないけど)
三つ指をついて「お風呂をいただきます」と院長夫婦に挨拶をし、
暗い廊下の突きあたり(かどうかは聞いてないけど)
風呂場に入ると、お湯は20cmほどしかなく
しかも飼われていた犬たち(2匹)よりも、あと湯だったそうです。


ひぇ~清張の世界!


では、また。 ごきげんよう!

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村
FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

【テーマ:ひとりごとのようなもの】【ジャンル:日記

銀子の昔話「救急車 2」

どうやら、学級閉鎖をせず持ちこたえているような気配の
小学校です、予定通り今週末運動会になりそうです。

銀子です、こんにちは。

ちょっとダンナの話が出ていないので、
もしや退院したのでは思っている方もあるかも知れません。

退院しておりましぇん!


なんせ元気がいいのに、することがないという…
暇をもてあましているようです。。。
本を持って行ってあげたのですが、読まないみたいです。

本好きの私ならこの機会にいっぱい読めるのになぁと思うのですが
読書しないダンナは読書は暇つぶしにもならないようです。

さて、前回は知らないおばあさんを救急車で運んで上げて
5000円もらった話だったのですが、
今日は知っている人を救急車で運んで上げた話をひとつ。

私が不夜城デザイン事務所に勤めていた頃
なんせ当時は
徹夜上等!の世界だったのですね、
(今もそうですよね?誰かデザイナーさんいないですか~?)

ちなみに今の事務所は徹夜上等じゃないです。
わりと健康志向の強い事務所です。禁煙ですしね。

その日も夕方6時頃からみんなで夕ご飯を食べに行き、
祇園へ繰り出して、一旦3時過ぎくらいに解散だった。

同僚はそのまま事務所へ仕事に、
私は大阪へ次の日(その日ともいう)打合せだったので、家に戻り、シャワーを浴び、
5時に事務所へ行く予定にしていた。
(あっ5時って朝の5時ね)

5時を待たずに電話が…

それは社長からだったのですが、
なんでも息ができないと言うではありませんか。
一人で病院に行けないから、病院に連れって言って欲しいと頼まれ
(でも、なぜ私なんですかねぇ~)

タクシーをひらい、社長の状況を言い、
運ちゃんにそういう場合は救急車が一番ええよと教えてもらい、
着くなり社長に「救急車呼ぶでぇ!」と一言。

なぜか息ができないと言ってるわりに
「救急車だけは勘弁して欲しい」とかわがまま言うのですよね~

でも、呼びましたよ、救急車。

はい、行って来ました、付き添いです。

でも知ってました?

付き添いでも他人の私には社長が一体なぜ息ができなくなっているか
教えてもらえないんですよぉ!
他人だから。


朝の5時から救急車に乗せて上げて
がぁーって引っ張り脱がされた社長のパンツまで持たされて
こちらに一緒に来て下さい!って看護師さんと担架で走り回っているというのに
私にはなんの情報も回ってこないんですよね。

何も…何も…なし。
一人ぽつんと誰も通らない早朝の病院の長いすに腰掛ける私。
あ~今日の大阪行きのラフがまだできてないのに、
どうしたら、ええやろなあと漠然と考えてましたっけ。

帰るわけにもいかんしねぇ~。
そのうちに社長の身内の方が来てくれてお役御免になったわけですけど。

なんだかなぁ~って思いましたよ。


だってね、本当に何も教えてくれないんですよ。
パンツも持っているのに…。


今日の話はちょっと勉強になったでしょうか?
病院では、他人に病状を教えてくれないです、たとえパンツを持っていてもです。


では ごきげんよう。そうそう、ちなみに社長は今も元気ですよ。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村
FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ

【テーマ:ひとりごとのようなもの】【ジャンル:日記

2009年09月16日

銀子の昔話「救急車」

カテゴリーをキレイにしてきちんと入れ替えて
整理しようと思ったのですが、今それをするのは、やばいかもと思い直し
今度整理しようと今にいたり、そうだ!更新しよう!!としている銀子です。

こんばんは!

以前 昔話で「私服刑事」など書いてなかなか好評だったので
(誰かに言われたのではないけど、自分でそう思っている)

今日は「救急車」を。

その日も、あいかわらず仕事帰りで
遅い時間に徘徊していた私だったのです。
(不夜城ことデザイン会社につとめていた麗しき美女が私です。)

うろ覚えですが、たぶんあの日も夜中の3時頃。
当時マウンテンバイクで通勤だった麗しき美女は
我が家のあるのマンションの駐輪場に自転車をしまい、表玄関に回って
エレベーターに乗ろうとしたとき…

エレベーターから一人のおばあさんが…
よろよろよろよろよろよろ…
よろよろよろよよろよろ…

いきなり1階で倒れて(夜中の3時にですよ)助けての眼を
麗しき美女に焦点をあてるものですから、
美女な上に優しい私は、救急車を呼んであげました。

救急車が来るまでおばあさんの横で、大丈夫ですか~?と
声をかけたり、背中さすったり。

そうこうしている内に救急車が来ましたので
私の用事は終わりかと思いきや

知ってました?

救急車って付き添いがいるんですよ
(夜中の3時に見ず知らずのおばあさんに!)

え~え~付き添いましたよ。どこの方ですか?と聞かれても
先程合ったばかりなので、答えることもできないのに
付き添いです。夜中の3時過ぎから。

結局おばあさんは病院でしばらく待っているうちに
すこし会話ができるようになって
自分の本当の付き添いを呼んでくれました。
助かりました~。。。

ところで、病院の夜中3時とか4時とか経験したことありますか?

恐いです、だれも廊下を歩いていません。
電気は所々消してあって、恐いです。
本当に恐いです。
もしも、おばあさんに何かあったら、
どうしようと小さな胸はつぶれてしまいそうでした。

まぁどうもなかったんですけど。良かったです、ホント。


じゃ今日の話はここまでです、いつも最後まで呼んでくれてありがとう!

あっそうそう、後日そのおばあさんの娘さんから、
お礼にと、生の5000円札をいただきました。
要らないって言ったんですけど、無理矢理置いていったんですよね~
なんだかなぁ~と思ってしまいました。

では ごきげんよう。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村
FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ

【テーマ:ひとりごとのようなもの】【ジャンル:日記

△Pagetop
『スーモ』オリジナルブログパーツ
不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)
応援よろしくです。
ひとつでも3つでも。
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村 FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ
FC2以外の方は押していってね。
おきてがみ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
このブログはリンクフリーです。
categoly
きんさん (16)
おにぃとあーちゃん (37)
その他 (10)
ダンナ (7)
銀子 (65)
みんな (5)
バセドウ病 (6)
風水関係 (5)
旅行など (8)
デザインの仕事 (4)
銀子の読書 (7)
お家を建てよう! (2)
昔の話 (3)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新記事
ようこそおいで下さいました。
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。